腹痛からくる病気を知っておこう、安易な考えは危険です。

女性だからこそ起こりうる腹痛からの病気

子宮内膜症、子宮筋腫について

お腹の下腹部に痛みを感じ、その痛みが長く津図くようであれば、病院へ行くことをお勧めします。
なぜなら、痛む位置が下腹部の場合、自分が思っている以上の病気が進行している可能性があるのです。
それは子宮内膜症や子宮筋腫です。

子宮内膜症とは、普通は月経時に排出される子宮内膜が、子宮以外の場所に似た組織の物ができて、増殖してしまう病気です。
子宮以外にできた組織が、炎症を多して激しい腹痛を起こしてしまいます。

子宮筋腫は子宮に良性の腫瘍ができてしまう病気で月経痛に似た痛みを起こしてしまいますが、腫瘍が大きくなるにつれて、周囲の臓器を圧迫して、痛みが増してしまいます。

どちらも、最初は月経痛と似た症状ですが、時間が経つにつれて痛みが増していきますので、早いうちに病院へ行きましょう。

卵巣腫瘍とは

卵巣腫瘍とは、卵巣に腫瘍ができて、大きく晴れてしまう病気です。
最初に紹介した子宮内膜症や、子宮筋腫と違うのは、月経とは関係なく、痛みを感じる事です。
そのままにしておくと、腫れはどんどん大きくなった卵巣が、破裂してしまったり、ねじれてしまい、突発的に痛みを感じてしまい、緊急手術が必要になってきてしまいます。

多くの腫瘍は良性ですが、たまに悪性の腫瘍の場合がありますので、ちゃんとした検査をして下さい。
そして、もう一つ心配されるのは、性行為や排卵によって、卵巣出血を起こし、卵巣腫瘍と同じくらいの痛みを感じてしまいます。
月経時とは関係なく下腹部に痛みを感じた時は、早めに病院へ行くようにしてください。
早めの診断、早めの治療を心がけてください。